20151015_50mm_f1.8_3

単焦点デビューレンズ Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G

最初のフルサイズ一眼D600を購入した時に一緒に購入したレンズがこちらの単焦点レンズ「Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G」です。定番の単焦点標準レンズ。

価格は2万円ちょっとと格安ながら、街歩きのスナップ撮影やちょっと出かける時につけるレンズとして一番お世話になっています。

特に私は、一般的にお散歩レンズの定番といわれる35mmよりも50mmぐらいの焦点距離が好きなので実質的に一番使用しているレンズです。

箱はこんな感じ。

 

レンズはこんな感じ。

 

ちなみにあまりカメラやレンズに詳しくない方には2万円のレンズ=写真もそれなりと思われるかもしれませんが、50mmの焦点距離に限定すれば、20万円のレンズ(24-70mm f2.8)よりも写りは上だと言って差し支えないです。

特に屋外でのポートレート撮影では開放付近で撮影することが多いですが、f値1.8とf値2.8だと雲泥の差があります。最近標準域はレンズ交換の手間を省くために24-70mm f2.8を使っていますが、それさえなければ50mm f1.8を使いたいです。

一眼レフもっていてたまに単焦点レンズを持っていない人を見かけますが、もったいないので購入することを強くお勧めします。

 

神戸出身で都内在住の元SE。京都のD大(学部)、K大(院)を経て就職、起業し現在はウェブサービスを事業にした会社を運営しています。一眼歴は7年ぐらいで、主に城、街並み、ポートレートを撮影しています。

AUTHOR

Kf

神戸出身で都内在住の元SE。京都のD大(学部)、K大(院)を経て就職、起業し現在はウェブサービスを事業にした会社を運営しています。一眼歴は7年ぐらいで、主に城、街並み、ポートレートを撮影しています。

All stories by: Kf