20151130_eyecatch_R

根津~谷中でポートレート撮影(モデル:yekaterineさん)

 

2015年11月30日(月)に根津・谷中にてモデルのyekaterineさんの撮影を行いました。

根津駅で待ち合わせをして、そこから根津神社~千駄木~谷中銀座周辺を散策しながら撮影しました。初めての街中スナップ撮影です。
 
20151025_1_R

 

前回に続き今回も広角で攻める

前回の鎌倉の海岸では主に広角を使って撮影を行いましたが、今回街中スナップ撮影ということで広角をメインに撮影しました。

しかもうっかりすると望遠で撮影しがちになるため、今回はお気に入りのレンズ70-200mm /f2.8を家に置いてきました。この日は24-70mm/f2.8一本勝負です。

本当は18mm-35mmだけにしようかとも思いましたがそこまでの勇気はありませんでした・・・。

またこの日のカメラは諸事情によりD810が使えないため、久々にD600の出陣です。私の最初のフルサイズ一眼で、D810を購入してからはサブマシンとして使っていました。

20151025_2_R

こちらは24mmでの撮影です。

広角での撮影は普通に撮るといろいろ写り過ぎていて平凡な写真になりがちです。特に28mm以下だと余計なものが写る写る。

そして普通に撮ると被写体が小さく写るので、かなり寄らない限り被写体が目立たなくなります。そのため構図については標準~望遠での撮影に比べてどう撮影するかという点を特に注意して考える必要があるので難しいです。

これが私が広角苦手な理由なんですが、望遠に比べて構図の点で工夫する余地が大きいので、撮影者のセンスや技術によって面白い写真が撮れたりします。
この点が広角の魅力でもあります。

20151025_3_R

斜め下から振り向いたところを一枚。35mmです。
 

秋の終わりの根津神社を撮影

撮影日の11月30日は気温も10度ちょっとと結構冷えています。

少しだけ紅葉がみれたので撮ってみました。

20151025_4_R

20151025_5_R

20151025_6_R

3枚目は落ち葉です。まばらに散った黄色の葉が寂しそうです。
 

横から、正面から撮る

20151025_7_R

横顔を寄って撮影しました。横顔が中央に来るように、背景の奥行きが出るように。画角は28mmです。

これ以上寄ると顔が大きく写りすぎて雰囲気を壊してしまいます。
 

20151025_8_R

菱形の格子の向こう側からこちらを向いてもらいました。

こちらは24mmで撮影しました。正面から被写体を中央に置くと24mmでも大丈夫ですね。

やっぱり標準は落ち着く

20151025_9_R

今度は標準域で撮影しました。50mmです。根津神社の鳥居にて。

20151025_10_R

諏方(すわ)神社にて。こちらは70mmです。

これぐらいの画角がしっくりきます。
 

谷中で夕日をバックに撮影する

 
20151130_11_R

谷中の富士見坂で夕日をバックに撮影しました。こういう雰囲気が大好きです。

これで24mmです。かなり寄っています。
 
20151130_12_R
 
強烈な逆光だったのでゴーストやフレアが出まくりで困りました。24-70mm /f2.8はナノクリなんですが出る時はでますね。。

 

撮影を終えて

 
20151130_14_R
 
今回根津から谷中にかけて、散策をしながら撮影をしました。11月の末ということで屋外での撮影には難しい時期でしたが、下町を楽しみながら撮影できました。

撮影が終わっていつも思うことですが、「こうすればよかった!」と思うことが今回も多かったです。

今回広角での撮影をメインにしたので、特に構図について、ズームで調整するのではなくてもう一歩寄れば良かったのにとか、もうちょっと絞ればきちんと解像できた(かもしれない)のにとか、あとあと反省しきりでした。広角での撮影はまだまだ試行錯誤の段階です。
 

「夕やけだんだん」

谷中での撮影というと一番有名なのは谷中商店街の先にある「夕やけだんだん」でしょうか。多くのカメラマンの方が谷中での撮影の際にここで撮影をされているようです。

名所や有名な観光地ではいわゆる定番の構図というものがあり、この夕やけだんだんでも良く見かける構図があるのですが、今回はそれとは違った構図をいろいろ試してみました。(あまりうまくいきませんでしたが)

現像について

私は撮影時のデータはraw+jpegで撮影して、それぞれを別のメディアに保存しています。jpegはメディア破損した場合の予備用です。

そのため毎回adobeのlightroomを使用して現像するのですが、今回は現像にとても時間がかかりました。この記事書くまでに10時間ぐらいかかっています。

最近はオリジナルのプリセットも溜まってきたので以前に比べて作業はスムーズになったのですが、いろいろな構図で撮影すると意外に思いつきで撮影したものが良く撮れていたりして、どれを掲載するか、どんな風にみせるか(現像するか)にとても悩みます。

理想は撮影前にもっとイメージを具体化して、撮影はそれに沿って進めるのがいいのかもしれませんが、私の場合イメージ通りに撮影できなかったり、撮影中に別のイメージjの方がいいんじゃないかと思って変えてしまうことがよくあります。

このあたりも経験を積めばイメージ通りに撮影できるようになるのでしょうか。

モデルのyekaterineさん

やわらかい笑顔が印象的で、親しみやすい雰囲気の方でした。

今回自分の課題に必死で、モデルさんの魅力を十分に引き出せなかったかなという点が悔やまれます。次回できればもっと違う雰囲気で撮影をしてみたいなと思います。

yekaterineさん、寒い中ありがとうございました。

総撮影枚数:1,045枚

神戸出身で都内在住の元SE。京都のD大(学部)、K大(院)を経て就職、起業し現在はウェブサービスを事業にした会社を運営しています。一眼歴は7年ぐらいで、主に城、街並み、ポートレートを撮影しています。

AUTHOR

Kf

神戸出身で都内在住の元SE。京都のD大(学部)、K大(院)を経て就職、起業し現在はウェブサービスを事業にした会社を運営しています。一眼歴は7年ぐらいで、主に城、街並み、ポートレートを撮影しています。

All stories by: Kf

Leave a Reply

Your email address will not be published.